FC2ブログ

ビッグデータを開拓せよ 解析が生む新しい価値



なかなか良い本でした。著者は国立情報学研究所の坂内先生、他。タイトルはビッグデータだがIoTの解説としても良いと思います。

印象に残った点。
古典的な統計分析は収集・処理できるデータが少ないので、母集団の形を精細化した数学的理論で推測。推測統計学による手法を使用してきた。一方、21世紀の統計分析では母集団に近いデータが入手可能なので、データ全体の形を考えて分析。ベイズ統計、人口知能などの確率論を用いた手法を使用する。コンピューターパワーが進化することにより理論も変わってくるのですね。ビッグデータだから単純に統計理論だ、というのもちょっと違うというのがわかりました。古典的な統計理論とはちょっと違うわけですね。

あと、矢野和男さんが書いている従業員のハピネスを計測する、といった話も興味深い。
スポンサーサイト



tag : ビッグデータ IoT

g02に乗り換え

2年ほど前にBiglobeのほぼスマホで購入したNE-202の電池の持ちの悪さにがまんできなくなり買い換えることにしました。よく2年もつかったな、と思います。しかしこのNE-202、電池の持ちの悪ささえなければ、結構いいスマホなのに、と思って残念です。これといったトラブルなく、質感も気に入ってました。

次に選んだのはこれ、ZTEのg02。

思えば最初に購入したスマホZTEでした。なぜか私はZTEと縁があるようです。

早速、SIMカードの入れ替えにチャレンジ。おっと、ここではじめてZTEはnano-SIMであることに気がつきました...NE-202で使っているのはmicro SIM。入らない...一瞬あせりますが、Bilglobeに申し込めば3000円でnano-SIMに取替えてくれることがわかり申し込み。数日後nano-SIMが届いたので再チャレンジ。

nano-SIMの挿入を試みますが、nano-SIM、なんて小さいんだ... 老眼の目にはきつい....苦戦しながらなんとか挿入。

そして電源ON。APNの設定がいると思っていたが、なにもしなくても勝手にBiglobeになっていた。便利ですね。

そしてGoogle IDの設定などをしていると、前の端末(NE-202)から設定を引き継ぐか、と聞かれる。Yesにすると、NE-202に入っていたアプリをどんどんdownloadしてくれる。便利だなー。よくできてますね。さすがGoogle。あっという間に乗換えが完了した。

うーん、Androidスマホの乗り換えはこんなに簡単なんか。いい世界がやってきましたね。格安SIMと好きなAndroid端末の組み合わせ。Android端末もAmazonで簡単に買えるし、お安いAndroid端末もたくさんある。楽しいです。

これと比べると、もうキャリアの世界は駄目だなー、と思いました。私はSoftbankとauしかしりませんが、腹が立つこと多数。こんな商売をやっていたらみんなどんどん格安SIMに逃げていくのは間違いない。私は2年前に逃げましたが、周りでも格安SIM派、どんどん増えてます。

腹が立った事例

■ソフトバンク
妻がソフトバンクなので一緒に機種変しにいきました。スマホに変えたのですが、同時に入らなければならないというわけのわからないオプション多数。一ヶ月は無料、だとか。もちろん入る気はないので、後日私が一つ一つ解約。めんどくさー。簡単に解約できれば良いのだが、オプションにより解約の仕方が違っていて、すぐに解約できないものもありました(Disneyなんとか)。めんどくさがりのひとや忘れっぽい人など、そのまま使う人もいるんだろうな。そういう人から金を巻き上げることをもくろんでるんだろうな。

妻のスマホも格安スマホにしたいのですが、ソフトバンクのメルアドを多用しているので、乗換えができません。

■au
実家に帰ったら、80近い母が、2-3日前に機種変更したときに一緒に安くタブレットが手に入る、とのことで、なんだかよくわからずタブレットをもらってきた、とのこと。Xperia Z4 Tablet。なんかよくわからないが、お勧めされるがままに入ってしまったらしい。しかもLTE契約つき。母はほとんど家にいるし、サラリーマンじゃないんだから外には間違ってもタブレットなんてもっていかないので完全に無駄な契約。早速auショップに返品にいったのですが、返品はその日だか、翌日じゃないと駄目、とのことで拒否されました。なんだか悪徳商法みたいです。何を売りつけられるかわからないから、危なくて老人を1人でauショップへ行かせられないなあ...ひどいもんです。こういうキャリアのやり方に嫌気がさして格安SIMに流れる人も多いんじゃないかと思います。

tag : スマホ ZTE

入門者のExcel VBA

入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)
(2012/04/20)
立山 秀利

商品詳細を見る

良い本だった。

"請求書作成"という例題にしぼり、Excel VBAの基礎から簡単な転記プログラムが作成できるようになるまでをわかりやすく解説。これだけでも非常に役に立つ。ポイントを絞った非常に良い本だと思う。

私も会社でExcelを使うことが非常に多く、特にここで挙げているような転記処理を自動化できるだけで非常に利用シーンは多い。会社でもさっそく本書の知識を活かしてささっと書いたVBAプログラムが役に立った。こんな知識はもっと前から得られたら良かった、と思う。Excel VBAの威力を実感した。

Excel VBAのファンになりました。手軽にプログラミングが楽しめますね。

ときどき見ているブログで、Excel VBAを絶賛しているブログがある。
ITスペシャリストが語る芸術
正直、”ふっ、Excel VBAね”、と軽く見ていた。エンタープライズ・ユースではExcel VBAはあまり話題になることはなく、普通はJavaやJava Scriptである。だが、業務でExcelを使わない人はあまりいないだろう。そうしたなか、ちょっとしたExcel VBAができれば非常に業務効率化に繋がりそうである。しかも、この方のいうように、達人レベルになれば引く手あまただろ。私ももっとExcel VBAを使いこなしていきたい、と思いました。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

tag : ExcelVBA

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム

世界でもっとも強力な9のアルゴリズム
世界でもっとも強力な9のアルゴリズムジョン・マコーミック 長尾高弘

日経BP社 2012-07-19
売り上げランキング : 7343


Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ページランク、公開鍵暗号、2フェーズコミットなどIT系の人間にはある程度常識となっている著名なアルゴリズムを平易に解説している本。数式や抽象的な記述を極力排除した平易な解説が特徴なのだが、それが逆に少々まどろっこしいという印象もある。数式嫌いの人にはとても良い本だと思います。 個人的には第十章、決定不能性の章がおもしろかった。存在し得ないプログラム、を具体例を通して解説されておりとてもわかりやすい。全てのプログラムを対象としたクラッシュ検出プログラムというのが実現不能であることを具体例を通じてわかりやすく証明しています。チューリングなどが研究していた内容。要するに、”全てのプログラム”を対象とすると、プログラムには自分自身も含まれ、自己言及が発生するとおかしくなる、というのが肝だと思います。ゲーデルの不完全性定理などと通じるないようですね。ただ筆者も述べているように、”決定不能性がコンピュータの利用に及ぼす実際の影響はない”。あくまでも理論的な限界の追求ですね。なのであまり応用的な面では重要ではないのでしょうが、コンピュータ科学の理論としてはおもしろいと思います。

はじめてのJavaScript

はじめてのJavaScript―プログラミング初心者のための定番スクリプト言語入門 (I・O BOOKS)
はじめてのJavaScript―プログラミング初心者のための定番スクリプト言語入門 (I・O BOOKS)天野 友道

工学社 2006-08
売り上げランキング : 454375


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

JavaScriptの入門書として良さそうなので、ちょっと読んでみました。最後に応用例として、ねずみ叩きゲームが載ってますが、短いスクリプトでこんなことができるんだ、という好例だと思います。軽く読めて良い本です。

本書は2006年の本ですが、JavaScriptは今後益々注目されていきそうな雰囲気もあるので、少しづつ勉強してみたいところです。

著者は小学校4年生で初めてプログラミングに触れたとのこと。JavaScriptでのプログラミングなら簡単に始められるので、私も息子が小学校になったら教えてやりたいものです。

ところで著者は何者なのかよくわかりませんが、ネットで検索すると、筑波大付属高校を出て2008年からハーバードに留学している方のようです。

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

tag : JavaScript

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
プロフィール

TanTan

Author:TanTan
東京の緑の多い区に住む普通の会社員。好きなことは読書、映画鑑賞、庭や近所の自然観察、数学や物理の勉強、など。

カテゴリ
SF (2)
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アイ・アム・ザット
アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話Amazonで詳しく見る by G-Tools
「時間と自己同一化してはならない。不安げに「つぎは何か、つぎは何か?」と尋ねてはならない。時間から外に踏みだして、それが世界を滅ぼすのを見るがいい。そして言うがいい。”すべてを終わらせることが時間の本性なのだ。そうあらしめればいい。それは私には関わりない。”」(P.367)。分厚いが強い言葉に満ちた刺激的な本。現代のバイブル。
今ここに、死と不死を見る
今ここに、死と不死を見る―自分の不死の中心を発見するAmazonで詳しく見る by G-Tools
あなたは人間ではないのである(P.15)簡単な実験により自分が時間を超越していること、そして不死を体感するという刺激的な書。”アイ・アム・ザット”実践編といっても良いかもしれません。
すごい実験
すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線Amazonで詳しく見る by G-Tools
なんておもしろい本だろう。KEK助教の方が語る素粒子物理実験。普段から日常的に素粒子をいじっている、素粒子とお友達な人ならではの手に取るような素粒子物理の解説。物理学の入門書としてもとても良いと思います。
時空を旅する遺伝子
時空を旅する遺伝子~最新分子生物学の不思議ワールドAmazonで詳しく見る by G-Tools
人生観が変わった本。単純な原核生物には寿命はない。一方複雑な生物は自分の細胞にカウンターの仕組みをつくり(ヘイフリック限界)一定期間しか生存できないような仕組みを作りこんでいる。つまり死というのは進化により獲得した高度な能力なのか!
タグクラウドとサーチ

> tags
尾崎豊 間瀬なおたか 谷口雅彦 双曲幾何学 タイヒミュラー空間 代数幾何学 リーマン・ロッホの定理 リーマン面 小木曽啓示 真田幸村 仏教 法華経 三田誠広 ブッダ 俵万智 トポロジー IoT ビッグデータ 藤森照信 佐竹一郎 リーマン予想 複素解析 江國香織 数論 交渉術 ZTE スマホ 井ノ口順一 微分幾何学 連分数 無理数 超越数 深見じゅん 前野隆司 デリダ サルトル ニーチェ 素数 保江邦夫 量子力学 中学受験 武蔵中学 コホモロジー やなせたかし アンパンマン 吉田たかよし XJAPAN ガロア理論 小島寛之 益川敏英 ミニ四駆 ジョーイ・ロット ExcelVBA 虚数 アドヴァイタ まついのりこ 類体論 加藤和也 シャンカラ ファイマン図 竹内薫 場の量子論 相対性理論 非ユークリッド幾何学 前野昌弘 表現論 超弦理論 大栗博司 ニュートリノ 素粒子論 多田将 池上彰 微分幾何 ディラック 黒川信重 佐藤勝彦 広江克彦 ウォルター・ルーウィン 飽本一裕 河野俊丈 モジュライ空間 双曲幾何 ガンガジ 函数論 ヘルメス・J・シャンプ 黄金数 齋藤孝 村山斉 篠山節 トール ジュリアン・ジェインズ ノーレットランダーシュ ドラッカー アインシュタイン 般若心経 JavaScript トランスフォーマー ジョニー・デップ リチャード・ドーキンズ 利己的遺伝子 進化 ウィトゲンシュタイン 石川啄木 釈迦 サラ・ジェシカ・パーカー Android Java ジム・ドリーヴァー 複素力学系 フラクタル 養老孟司 空海 牧野富太郎 西垣通 苫米地英人 百人一首 ティモシー・フリーク ケン・ウィルバー キャメロン・ディアス 万葉集 ヤブカンゾウ マーケティング セーラー・ボブ・アダムソン パパジ 暗算 築山節 算盤 スティーブ・ジョブス カオス リチャード・カールソン 中山可穂 ハイデガー ドゥルーズ ショパン 頼藤和寛 クリシュナムルティ 唯識 DNA 塚谷裕一 ラマナ・マハルシ OSHO 一休 宮沢賢治 梨木香歩 良寛 トランスパーソナル 池谷裕二 松尾芭蕉 エックハルト・トール シュタイナー アンソニー・ホプキンス 勉強 ウィル・スミス ジル・ボルト・テイラー モーツァルト 白隠禅師 ラメッシ・バルセカール ダグラス・E・ハーディング ニサルガダッタ・マハラジ ステファン・ボディアン ジェニファー・ロペス ジョディ・フォスター 会計 ソニー・ロリンズ シャガール マネージメント スティーブン・キング Google 高野秀行 ミシェル・フーコー 盤珪 ファシリテーション マイルス・デイヴィス 下條信輔

Twitter