FC2ブログ

気づきの扉


()


商品詳細を見る

30分くらいで読める100ページの薄い本です。内容的にはアドヴァイタ。通常の自我から気づきへアイデンティティーの変換を促す本です。たった一時間で人生が目覚める本、とのキャッチです。残念ながら私は目覚めませんでしたが。でも魅力的(刺激的)な本ではあります。

著者のティモシー・フリークは哲学者、思想家とのことで、様々な宗教や哲学の研究をしている方だそうです。キリスト教のグノーシス主義を研究したThe Jesus Mysteries、という著書が英国、米国でベストセラーになったそうです。

アドヴァイタの肝はこうしたアイデンティティーの変革(移動)なのだと思います。いわゆるデカルト的な唯物論的世界観から唯心論的な世界への移行。

学校教育により科学的な思考を叩き込まれるにつれ、前者の唯物論的な世界観が正しいのだと思い込むようになりましたが、最近アドヴァイタの世界に触れるに連れその思いが揺らいできました。もともと人間が持っている自然な世界の捉え方はアドヴァイタ的な、一元的な世界なのだと思います。

唯物論的な世界ではどうしても矛盾を感じていました。悠久の宇宙の中で自分と言う存在はたった一瞬いきているだけで後はきえてしまう泡のような存在。それに何の意味があるのか。何かおかしい。そして孤独感ややりきれない気持ちを感じる。

ところがアドヴァイタの世界では、自分が世界を包含している。自分が生まれた、とか、時間の流れ、などは幻想である。こうした世界観には何の矛盾も感じない。何よりも重要なのは、人が生来持っている世界観はこうしたものであるという点だと思います。

本書で一番印象的な箇所。


皆さんは、ただのカラフルな点の集まりである画像が、突然、壮大な三次元立体画像になる絵を見たことがありますよね。覚醒した生き方でもこれと似た根本的な見方の転換が必要になります。
私が初めてこの手の絵を見たとき、イルカが見えるよと言われたのですが、点しか見えませんでした。....ところが、その瞬間は突然やってきました。点の集まりがイルカとなって、私の方に飛び出してくるではありませんか。...
覚醒した生き方の体験は、ちょうどこれと似たところがあります。...
立体画像を見るカギは、目の焦点をぼかすこと。覚醒を体験するカギは考え方を変えることです。



なるほど、そんなものなのかもしれません。アドヴァイタの覚者たちは口をそろえて、あなたはスクリーンに映る映像と自分を同一視している。あなたはスクリーンなのだ。映像で何が起ころうと関係ない、といったことを言います(紙とその上の文字に例える方もいますね)。これは立体画像を見るときと同じ、ちょっとした視点の転換なのかもしれません。恐らく目覚めに対して、我々は大げさに考えすぎで、実はちょっとした視点の転換、なのかもしれません。

著者の映像。
スポンサーサイト



テーマ : オススメの本の紹介 - ジャンル : 本・雑誌

tag : ティモシー・フリーク

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2アフィリエイト
アフィリエイト・SEO対策
プロフィール

TanTan

Author:TanTan
東京の緑の多い区に住む普通の会社員。好きなことは読書、映画鑑賞、庭や近所の自然観察、数学や物理の勉強、など。

カテゴリ
SF (2)
最新コメント
最新記事
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
検索キーワード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
アイ・アム・ザット
アイ・アム・ザット 私は在る―ニサルガダッタ・マハラジとの対話Amazonで詳しく見る by G-Tools
「時間と自己同一化してはならない。不安げに「つぎは何か、つぎは何か?」と尋ねてはならない。時間から外に踏みだして、それが世界を滅ぼすのを見るがいい。そして言うがいい。”すべてを終わらせることが時間の本性なのだ。そうあらしめればいい。それは私には関わりない。”」(P.367)。分厚いが強い言葉に満ちた刺激的な本。現代のバイブル。
今ここに、死と不死を見る
今ここに、死と不死を見る―自分の不死の中心を発見するAmazonで詳しく見る by G-Tools
あなたは人間ではないのである(P.15)簡単な実験により自分が時間を超越していること、そして不死を体感するという刺激的な書。”アイ・アム・ザット”実践編といっても良いかもしれません。
すごい実験
すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線Amazonで詳しく見る by G-Tools
なんておもしろい本だろう。KEK助教の方が語る素粒子物理実験。普段から日常的に素粒子をいじっている、素粒子とお友達な人ならではの手に取るような素粒子物理の解説。物理学の入門書としてもとても良いと思います。
時空を旅する遺伝子
時空を旅する遺伝子~最新分子生物学の不思議ワールドAmazonで詳しく見る by G-Tools
人生観が変わった本。単純な原核生物には寿命はない。一方複雑な生物は自分の細胞にカウンターの仕組みをつくり(ヘイフリック限界)一定期間しか生存できないような仕組みを作りこんでいる。つまり死というのは進化により獲得した高度な能力なのか!
タグクラウドとサーチ

> tags
尾崎豊 間瀬なおたか 谷口雅彦 双曲幾何学 タイヒミュラー空間 代数幾何学 リーマン・ロッホの定理 リーマン面 小木曽啓示 真田幸村 仏教 法華経 三田誠広 ブッダ 俵万智 トポロジー IoT ビッグデータ 藤森照信 佐竹一郎 リーマン予想 複素解析 江國香織 数論 交渉術 ZTE スマホ 井ノ口順一 微分幾何学 連分数 無理数 超越数 深見じゅん 前野隆司 デリダ サルトル ニーチェ 素数 保江邦夫 量子力学 中学受験 武蔵中学 コホモロジー やなせたかし アンパンマン 吉田たかよし XJAPAN ガロア理論 小島寛之 益川敏英 ミニ四駆 ジョーイ・ロット ExcelVBA 虚数 アドヴァイタ まついのりこ 類体論 加藤和也 シャンカラ ファイマン図 竹内薫 場の量子論 相対性理論 非ユークリッド幾何学 前野昌弘 表現論 超弦理論 大栗博司 ニュートリノ 素粒子論 多田将 池上彰 微分幾何 ディラック 黒川信重 佐藤勝彦 広江克彦 ウォルター・ルーウィン 飽本一裕 河野俊丈 モジュライ空間 双曲幾何 ガンガジ 函数論 ヘルメス・J・シャンプ 黄金数 齋藤孝 村山斉 篠山節 トール ジュリアン・ジェインズ ノーレットランダーシュ ドラッカー アインシュタイン 般若心経 JavaScript トランスフォーマー ジョニー・デップ リチャード・ドーキンズ 利己的遺伝子 進化 ウィトゲンシュタイン 石川啄木 釈迦 サラ・ジェシカ・パーカー Android Java ジム・ドリーヴァー 複素力学系 フラクタル 養老孟司 空海 牧野富太郎 西垣通 苫米地英人 百人一首 ティモシー・フリーク ケン・ウィルバー キャメロン・ディアス 万葉集 ヤブカンゾウ マーケティング セーラー・ボブ・アダムソン パパジ 暗算 築山節 算盤 スティーブ・ジョブス カオス リチャード・カールソン 中山可穂 ハイデガー ドゥルーズ ショパン 頼藤和寛 クリシュナムルティ 唯識 DNA 塚谷裕一 ラマナ・マハルシ OSHO 一休 宮沢賢治 梨木香歩 良寛 トランスパーソナル 池谷裕二 松尾芭蕉 エックハルト・トール シュタイナー アンソニー・ホプキンス 勉強 ウィル・スミス ジル・ボルト・テイラー モーツァルト 白隠禅師 ラメッシ・バルセカール ダグラス・E・ハーディング ニサルガダッタ・マハラジ ステファン・ボディアン ジェニファー・ロペス ジョディ・フォスター 会計 ソニー・ロリンズ シャガール マネージメント スティーブン・キング Google 高野秀行 ミシェル・フーコー 盤珪 ファシリテーション マイルス・デイヴィス 下條信輔

Twitter